Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
トッラクワード
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
自動車保険(過失割合)

過失の負担割合は、Aさんが70%、Bさんが30%。Bさんの車の

修理費は30万円で、その70%である21万円がAさんの自動車保険

から支払われました。一方、Aさんの車は修理代が100万円かかり、

その30%である30万円が、Bさんの自動車保険から支払われました。


過失割合はAさんが70%、Bさんが30%なのですが、Aさん側から

賠償される21万円とBさん側から賠償される30万円を相殺してみると、

過失の低いBさん側が30万円-21万円=9万円の賠償金を支払う形に

なっているわけです。



このように、過失割合の高い車が高級車であったり、その車だけが激し

く損傷するような事故であった場合、過失割合の低いドライバーが、実

質的に加害者よりも多く、賠償金を支払わなくてはならないケースもあ

るというわけです。


もちろん、加入している任意保険や特約などによっては、この例でのB

さんが金銭的に損をするかどうかは変わってきますが、免責金額の設

定などによっては、Bさんのみが賠償金を自腹で支払うというケースも

考えられます。


となると、自分の運転に自信があっても、「運転が上手いから過失割合

を低くできるし、保障が薄くても大丈夫」という考え方は、必ずしも適当で

はないと言えます。


posted by: | 自動車保険 | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 17:40 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://dairiten.jugem.jp/trackback/14
トラックバック